忍者ブログ
CATEGORY[]
2018年02月20日00:41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年10月06日09:48

世界で一番美味い酒、それは川蟹酒(モクズガニ酒)。

大吟醸?どぶろく?どっちも美味いが、この川蟹酒の前では赤子同様。川蟹酒を飲むためなら大吟醸もどぶろくもドブに投げ捨てても構わない。それほど美味い酒だ。

これを飲んだことのある人間はそういないと思う。

川蟹の味噌がアツアツの熱燗に溶け出し、この世の物とは思えぬ誠に美味な味わいを醸し出す。




まず川蟹自体、ほとんど手に入らない。管理人は川蟹猟師を友人に持つ知人から分けてもらうのだが、
捕れるのは落ち葉が散るまでのわずかな時期だという。

しかも今年は不漁だそうだ。




川蟹はまず鍋で煮ることから始まる。塩を小さじ3倍ほど入れて煮る。

これが結構大変で、生きてるので鍋に移す作業時に、逃げようとして鍋から出ようとジタバタする。これを抑えるのが結構大変。

いきなり熱い湯で煮ると、暴れて脚がもげてしまうので、脚が取れないように水から煮る。







ちょっと残酷だがしばらくすると蟹の暴れる音が消えるので、息絶えたところでふたを開け、煮具合を確かめる。




茹であがった川蟹を皿に盛る。




二杯分の胴体をパカッと割り、ミソを露出してどんぶりに盛り、アツアツの熱燗をぶっかける!今回はヤカンで満タンにした熱燗。

この酒は安い酒で十分だ。(合成酒はダメ)

箸でつっつき、蟹のミソと油を酒に溶かし出す。




二杯飲んだ後。赤いのはラー油じゃない、蟹の油。この蟹酒は、一杯飲んだ後二杯目の熱燗を入れ箸でつつくと、また蟹の旨みと油が出て来るので、何杯でも楽しめるのだ!!(但し管理人は二杯までがおススメ)

年に一度、この時期にしか飲めない幻と言っていいほどの美酒、川蟹酒。

こいつの為なら金も労力も惜しまない。天下一品。


拍手[0回]

PR
CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年09月07日09:29


夏は日本酒をロックで飲む。最近はもう常識のようです。

管理人は普段日本酒はあまり飲まないのですが、気分を変えてたまに飲むときがあります。

暑い時期は冷やして飲みたいところですが、氷を入れると薄まって美味しくないという先入観がありました。(ビールとか氷いれるとまずくなるでしょ)

しかし調べたところ今じゃ結構人気なようで。日本酒ロック飲み。



そういえば昔どこかのショットバーでライムを使ったサムライロックが美味かったなあと思いだして、

色々駆けずり回ってライム果実を探したのですがどこにも売っていないemoji

何故だ!?


しかし諦めきれない管理人はネットで調べる。すると日本酒ロックを


「日本酒がうまい!」推進委員会なるところも推奨しているようだ!そしてサムライロックの調合も解説している。


ほほうと思ってライムジュースになった製品を探してみると売っていた!


ちなみにこれはジュースコーナーではなく酒コーナーの一角にあることが多いです。

結構高くて中瓶で500円超。

管理人は小ボトル約250円物を購入。

日本酒:ライムジュースは5:1が良いようです。


今回使用する日本酒は超お安い「くらのすけ」さん。

色々試した低価格の清酒ではこれが一番飲みやすい。

高い日本酒は美味くて当たり前。量を重視する酒飲みは安い酒を如何に旨く飲むかを考えます。(かといって合成酒は受け付けない)


いやーライムジュース高かったけど買って正解!美味いemoji超美味い!!

ライムジュースは今度テキーラに試してみようっとemoji


拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年09月02日09:36


ずーーっと気になってた酒。バカルディ。

瓶のデザインと色も気に入ってたし、好きなラムということもあって
普段買うラムよりちょっと高めだけど、これから夏の暑さ対策ということで思い切って買ってしまいました。

好きな芸人コンビさんの旧名だしemoji


ラムはゴールドとシルバーがあるけど、管理人はシルバーが好きです。

なんとなく南国の気分がでるからかな?

普段飲みのラムより400円くらい高かったけど、美味かったし満足ですemoji


この日は確か、日本酒3合、ウイスキーコーク6杯くらいのあと、こいつをロックで3分の一くらい飲んだはず・・


知人に貰ったつまみをパクつきながらゆっくり4時間かけての晩酌でしたemoji

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年07月14日12:00


酒酒~

今回はちょっと奮発してビール。しかもスーパーでやっていた北海道展で北海道限定ビールをゲット。

普段はビールどころか発泡酒すら倹約の為手を出さない
管理人ですが、限定品には弱いですなあemoji


「クラシック」の名称から自然と反応したのか、なんとなく懐かしい?昔父親が飲んでいたビールの風味を思い出したのでした。

夏はやっぱりビールがいいねemoji

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年06月06日18:33


弘前の観桜会に行った帰り、鹿角によってどぶろくを買いました。


弘前には朝4時に出たので眠気でフラフラになりながらも仮眠をとりながらどぶろくの元へたどり着いた管理人はついにゲット。


鹿角エリアのどぶろく特区では管理人調べでは「石臼挽き手打ちそば洸庵 満月」さんが唯一の販売元になってるようです。


ついでに蕎麦も頂こうと注文したけど混んでいて30分くらい待たされたemoji

蕎麦はまあ普通でしたね。それよりもう眠くて机に突っ伏して寝てしまったemoji


「昔ばなし」の飲み口はというと、

味は辛口。以前レビューの男鹿のどぶろくの次あたりでしょうか。

しかし濾していないもろみの粒は男鹿のどぶろくと違いとても大きく、とろっとしたのど越しが楽しめます。

ああ酒愛emoji

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年06月04日12:21


弘前公園周辺の風情のある商店街の一角にあった酒屋さんに、ちょうど蔵元の出張販売が来ていて、試飲して決めた一品。


青森は辛口酒が多いのだそうです。管理人好みですemoji

この「じょっぱり」は鶏肉の炒めを肴に頂きました。

3種類試飲した中で一番辛口を選びましたが、すっきりフルーティで旨っっemoji

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年05月10日18:55


完全ノンアルコールの甘酒です。


蔵元の甘酒とあって期待大です。


値段もたしか600円で買えるくらいでした。




おちょこに出すと、どぶろくのようなトロッとした甘酒ちゃんがお目見え。


飲んでみると、コンビニ等で売っている缶入りの甘酒とはまったく別物でした。美味しい(*^。^*)


乳酸菌の力で腸内環境も改善してくれますemoji


この他にも漬物も買ったんだけど写真撮り忘れた((+_+))

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年05月08日09:50


写真が横で失礼。


これは小玉醸造さんの売店でしか買えない蔵元限定品。


本醸造生酒 「槽口」(ふなくち)です。


生酒なので火入れをしていないので保管方法にちょっと気を使います。

開けたらできるだけ早く飲むのが良いのですが、まあ一晩で全部飲みましたけどね(^_^;)



フレッシュな飲み口でまあ旨い、超旨い、絶品ですわあemoji


管理人は普段は安ウイスキーでてっとり早く酔っぱらうのですが、


たまには旨い日本酒で人生を楽しむのも良いもんですなあ(*^。^*)ウィッ

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年05月02日15:42


4月中旬、潟上市の小玉醸造さんに酒蔵見学に行ってきました(^_^)/

小玉醸造さんはブルーホールという海底写真家さん用の写真展示場も持っています。

酒蔵見学の前にブルーホールにも入りましたが、管理人は芸術より酒なわけで・・ウフemoji







小玉醸造さんは建物が酒部門と醤油部門に分かれており、最初はしょうゆ部門を見学。

↑はしょうゆの巨大ダルです。

とても古い樽で、もう作れる職人さんもほとんどいないのだそうです。

地震等で使えなくなってしまったらどうするんだろう??



建物の中はしょうゆの香りが充満していました。

週末の見学だったので作業はしていませんでした。

平日の稼働時はもっと香りが強いでしょうね。





↑は酒用の樽。醤油と違って金属製でした。


この中にお酒がたっぷり詰まっているのですemoji


樽の数字は水とのブレンドのためのチェック用だそうです。



いやー管理人は初めて酒蔵見学をしました。小玉醸造さんは明治の建物でとても古い、趣のある雰囲気でした。


先導して頂いた社員さん、ありがとうございました\(^o^)/


さて次回の酒飲み記事は~~

この小玉醸造さんで購入したお酒とあまざけを紹介しますよemoji

拍手[0回]

CATEGORY[酒]
コメント[ 0 ] 2014年04月30日12:45



由利本荘地区のどぶろく二品目です。


名前は「どぶろく」でいいのでしょうか。白神こだま酵母を使用されているそうです。


これも火入れして発酵を止めているので瓶詰で販売されています。


個人的には阿仁や男鹿のようにペットボトルのキャップに穴を開けなければならないような発酵中の物がいかにも「どぶろく!」って感じで好きですが、

無濾過の物は「どぶろく」と表示できるようです。



さーてレビュー行きますか(^_^)/


これも前回の「鳥海恵」と同じ産地だからか、似た者同士ですね。


全体はさらっとしている。酸度は阿仁より高く男鹿より若干低い。


もろみの粒も比較的小さくのど越しはスルッとした感じ。



管理人は酸度の高い方が好きなのでこれも好きですねemoji

肉料理によく合いますemoji


こちらは前回の鳥海恵より容量が多く、値段も高めでたしか1800円くらいでした。


いやー

どぶろくって

ホントに

いいもんですねemoji

拍手[0回]

| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]